トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006.04.30

『ブラザーズ・グリム』★★★☆☆

Photo_26童話好きとしては観ないと!だった『ブラザーズ・グリム』です。

怪物や魔女を退治(する小芝居を)して名を馳せている“グリム兄弟”。そして、娘たちが次々と行方不明になっているという村に、今までのノリで向かうのですが…。

これ、前半はちょっとイライラ。不可解な現実を目の当たりにして、それでも現実的な兄=ウェル(マット・デイモン)と、伝承物語を研究してきたことでこの現実を受け入れる弟=ジェイコブとの小競り合いがもどかしい!

だけど、話の端々に“グリム童話”のいろんなテイストが入っているのを見つけるのが宝探しみたいで、なんか懐かしい気持ちになりました。

“グリム童話”ってホントは残酷なんだよね。小学生の時におとんが買ってくれた原文に近いっぽい全集を読んで何だか恐かった。 この映画も絵的には相当恐いんだけど、“グリム童話”の残酷さに比べたら、希望もあるし明るい気がします。

ブラザーズ・グリム DTS スタンダード・エディション DVD ブラザーズ・グリム DTS スタンダード・エディション

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2006/03/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.28

『巴里の恋愛協奏曲』★★★★☆

Photo_27オドレイ・トトゥが出てるってことで観てみた『巴里の恋愛協奏曲』です。

まさにタイトルそのままな恋愛劇。人妻ジルベルトに言い寄る男性2人に、その1人に恋するユゲット(オドレイ)がいて…と、幕開けから波瀾万丈なんですが、ジルベルトの夫婦の家のパーティに招待された夫の仕事の取引相手というのが彼女の前夫だったから、事態はそこで超混乱。ラストにかけてもドタバタな展開なんですが、なぜかステキな結末が待っていたり。

ほんのりミュージカル風で(字幕では“オペレッタ”となってたけど)、それがステキなスパイスになっていまして。

こういう、ちょっとオトボケなフランス映画はいいですねぇ。衣裳やセットも可愛くてステキでした。

巴里の恋愛協奏曲 DVD 巴里の恋愛協奏曲

販売元:タキコーポレーション
発売日:2005/05/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.27

“人は寂しいと物を買う”

…とは、昨日『オーラの泉』で江原さんが言ってたコト。

部屋の片付けをしながらだったので、ちゃんと観ていなかったにもかかわらず、このフレーズだけは耳に飛び込んできまして。きっとこれも、江原さんの言う“必然”なんだわーん!!

いやしかし、そうなんだろうなとうすうすは感じていましたが、江原さんやら美輪さまやらに言われると、ズドーンと来ますねぇ。

とほほー。

とか言いつつ、昨日もまた洋服買っちゃったんですけどね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.04.26

結局…

今クールは、『アテンションプリーズ』『おいしいプロポーズ』も観ちゃったりしています。

『おいしい~』はこの間始まったばかりだから、これからどうなるのか?ってところですねー。

『アテンション~』も、まだまだこれから感はありますけど、アレ、上戸彩じゃなかったらダメだったかもー。とりあえず、“こんなヤツがJ○Lなんて大手に入れるわけねーだろ!!”ってのから始まり、いくら破天荒な育ち方をしていたって、社会人としてアレはどうなのか。CA落ちた人からしてみたらきっとなおさら。だから、上戸彩の可愛さがなければ許されないような気がするの。まぁ、その“社会人としてどうなっていくのか”ってところは、きっとこれから描かれていくんでしょうけれども。

しかしJ○L、A○Aに対抗してドラマに協力するのはいいけど、仕事はちゃんとやってほしいです。あたし、それでなくても飛行機怖いんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.24

『ミリオンダラー・ベイビー』★★★☆☆

Photo_28ようやく観てみました、『ミリオンダラー・ベイビー』っす。オスカーは何賞を獲ってるんでしたっけ? 内容は事前にほとんど知らなかったんですが、クリント・イーストウッドの監督作ってわりと重いじゃん。気分の乗る時に観ないと、と思って。

で、ヒラリー・スワンク演じるマギーが、プロボクサーとして育っていく物語ではあるんですが……。

トレーナー=クリントと、かつての教え子(?)でジムの清掃員=モーガン・フリーマンとでマギーを育てていきながら、それぞれの人生を顧みたり。

いやしかし。日本ではつい最近もこの問題の騒動が起きたばかりだし、日本人には重い内容だよね、やはり。

ヒラリーもこれでオスカー獲ってるんだっけ? 彼女はやっぱこういう強い女性を演じるのは合いますね。

ミリオンダラー・ベイビー DVD ミリオンダラー・ベイビー

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005/10/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.04.23

『プロデューサーズ』★★★★★

Photo 劇場鑑賞券が当たっちゃったので、ママンと『プロデューサーズ』を観に行ってきまんた! 何でも懸賞に出しとくもんだね!

行ったのは、地元に出来てから初体験のTOHOシネマズ。ポップコーンが美味かった!

んでんで、内容はと言うと、評判に違わず大満足。“ミュージカル映画”ってとこでは先頃の『オペラ座の怪人』より良かったし好きだわ。まぁきっと、こっちは“舞台をそのまま映画に”って作りで、『オペラ座~』は“舞台で出来ないことを映画で”っていう作りだったから、その違いが顕著に出ていて、そこに対する好みもあるんだと思うけど。

でもこれは、ミュージカルが苦手な人でも問題なく観られるんじゃないかなぁ。

ユマ・サーマンのオトボケ姉さんぶりがステキでした(^-^)

プロデューサーズ コレクターズ・エディション DVD プロデューサーズ コレクターズ・エディション

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2006/10/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

プロデューサーズ Music プロデューサーズ

アーティスト:サントラ
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2006/03/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.21

飲みましたー。

昨日は、先ごろから帰国している友達Kと、同じく小学校の同級生数人と集まって飲み会でしたー。

急に決めた&平日&地元は多摩地区だけど会場は都心、ということで、集まれたのは7人だったんですが、ホントに3~4年ぶりぐらいの勢いで会っても、何の支障もなく笑い合えちゃうのは凄いです。

5~6年次に同じクラスだったんですが、男子24人vs女子12人という、何ともバランスの悪いクラスでしたけど仲は当時からめちゃくちゃ良かった。担任の先生も妙に熱かったから、それも逆に良かったのかもしれません。

地元の中学に普通に進学するという考えが主だったから、小学校を卒業してもほとんどみんな同じ中学。ゆえにその仲は相変わらずで。

んで、それは卒業して20年経つ今でもフツーに続いているわけです。きっとこの先も続くんでしょう。

男女の友情は成り立たないと言われるけど、あたしらもこの中で誰も決して何もなかったわけでもないけど、幼い頃を知り合ってる同士、って感じで、そういう下世話な感情とは別に、これからも“友情”は成り立たせたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.04.20

移転してみた。

livedoorブログのほうのデザインに飽きてきたため、移転してみましたの。まぁ、こちらも飽きたら辞めるかもですが(苦笑)。とりあえず、テストがてら。。。

前のURLね→http://blog.livedoor.jp/junbo_122/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年5月 »