« 『バッド・エデュケーション』★★★★☆ | トップページ | 下巻もやっと読み終わりましたー。 »

2006.05.18

『リバティーン』★★★★★

Wp03_1280x1024 もうすぐ上映が終了してしまうっぽい!→でもこればっかりはスクリーンで観たいのー! ということで、同じくジョニー・デップ好きのライターN嬢と仕事帰りに『リバティーン』を観に行ってきました!

行ったのは、初めてのところだった新宿のテアトルタイムズスクエア。会場の奥行きに対してどう考えてもデカすぎるスクリーンに驚きつつ、21時過ぎからの回ということで人もまばらだったため、ひとまずイイ感じのところに着席。

んで、最初に買ったパンフに目を通すと…あたし、ストーリーは事前にあんまり読まないんですが、音楽がマイケル・ナイマンだった!というのは事前に知ってた気がしつつも忘れてたので、ここで改めて気付いてまず1感動。それから衣裳&美術の人の経歴を読んで2感動!! というのも、あたしの好きな映画監督=ピーター・グリーナウェイ作品のスタッフ陣だったから~。きゃー! これは観る前からクオリティが保障されたようなもの♪

そんな個人的感動の中、かくして映画は始まったんですが…前もっての情報だと“話が理解しがたい”というのが多かったと思うんですが、それほど難解でもなく、時折垣間見せるデップのトンチにちょっとほくそ笑みつつ、話自体は淡々とした展開だったように思います。やっぱ音楽はいいし、映像も綺麗だったしね。最後の最後のシーンに、何かやるせなさと言うか切なさを感じてちょっとドーンと来ましたけど。元々こういうコスチューム劇が好きなあたしにとっては、この映画のデップは超萌えポイントだらけだったし!!

しかしデップの演技はスゴいね。強さ/弱さをああも巧みに出せるっていうのは。でも彼自身もやっぱ相当病んでるんだろうなぁ(苦笑)。

ついでに言うと、せっかくのこのスタッフ陣ということでグリーナウェイ監督で観てみたい気もちょっとだけしました。イギリスのお話だし。ただグリーナウェイだと、もしかしたらエログロさが今回のよりも強調されてしまうのかもねぇ。

リバティーン DVD リバティーン

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2006/11/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ピーター・グリーナウェイ コレクションDVD-BOX 1 DVD ピーター・グリーナウェイ コレクションDVD-BOX 1

販売元:紀伊國屋書店
発売日:2005/02/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ピーター・グリーナウェイ コレクションDVD-BOX 2 DVD ピーター・グリーナウェイ コレクションDVD-BOX 2

販売元:紀伊國屋書店
発売日:2005/05/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑なんだコレ! アフィリのために検索したらこんなものが出てきた! 超欲しいんだけどー!!

|

« 『バッド・エデュケーション』★★★★☆ | トップページ | 下巻もやっと読み終わりましたー。 »

コメント

きょうぱんだこはスクリーンが終了したかったの♪
でもぢゅんは上映する?

投稿: BlogPetのぱんだこ | 2006.05.18 14:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89919/1840847

この記事へのトラックバック一覧です: 『リバティーン』★★★★★:

» リバティーン [とにかく、映画好きなもので。]
   17世紀のイギリスにおいて国王チャールズ二世(ジョン・マルコヴィッチ)の寵愛を受けたロチェスター伯爵(ジョニー・デップ)は、露骨な性描写の政府批判の詩を詠んだ為、国王から追放されていたが、恩赦を受けロンドンへ戻ってきた。  その才能は誰も....... [続きを読む]

受信: 2006.08.12 18:00

« 『バッド・エデュケーション』★★★★☆ | トップページ | 下巻もやっと読み終わりましたー。 »