« というワケで振替公演終了。 | トップページ | 残念ッ! »

2006.06.06

『イン・ハー・シューズ』★★★☆☆

In_her_shoes久々にDVDを観ました。『イン・ハー・シューズ』、やっと借りましたの。

キャメロン・ディアスがちょっとオバカな女の子を演じてまして。そんなビッチな妹と、弁護士の姉。性格も何もかも違うふたりがゆえに、姉は妹のオバカさにキレ、妹は姉のカタブツさにキレ……でもふたりとも、どっか屈折してるところは似てるんだよね。

姉の家を追い出された妹は祖母の暮らす老人ホームへ。そこでの生活で彼女はちょっとずつ成長していきます。対して姉は、結婚が決まった途端に家族に対する想いによって破談になりかけるも、婚約者の優しさで本来の気持ちを取り戻していく。

家庭の事情に振り回されながらも、本来の姉妹の関係を取り戻すふたりの話。期待ほどではなかったかなーとは思ったけど、ステキな映画でした。

イン・ハー・シューズ DVD イン・ハー・シューズ

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2006/04/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

っていうか、今『花より男子』に今さらハマりすぎなの。しかも、完全版を何とかして定価より安価で手に入れるべく、いろんな街&店を彷徨ってます。続きを探さねばー。

花より男子―完全版 (Vol.10) Book 花より男子―完全版 (Vol.10)

著者:神尾 葉子
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« というワケで振替公演終了。 | トップページ | 残念ッ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89919/2098377

この記事へのトラックバック一覧です: 『イン・ハー・シューズ』★★★☆☆:

» イン・ハー・シューズ/キャメロン・ディアス [文学な?ブログ]
簡単に失われるような人間関係なら、最初からなかったと諦めた方がいい。人と人の本当の信頼は、一つや二つの事件では揺るがない。そのことを強く感じた映画でした。 女性弁護士ローズ(トニ・コレット)には、対照的な性格の妹マギー(キャメンロン・ディアス)がいます。マギーは定職にもつかずに男を漁りながらぶらぶらとして、突然ローズの家に転がり込んできます。困った妹ですが、二人の絆は子どもの頃から強く、何でも話せる親友のような存在でした。 ある日、マギーはローズの彼を誘惑してしまいます。その現場を目撃し... [続きを読む]

受信: 2006.06.23 05:04

« というワケで振替公演終了。 | トップページ | 残念ッ! »