« 『プリティ・ヘレン』★★★★★ | トップページ | 『ホワイト・プリンセス』★★★★☆ »

2006.09.28

『トンマッコルへようこそ』★★★★★

Photo_5片っ端から試写会を応募してるので、もはやどれで当たったのか分からないんですが…韓国映画『トンマッコルへようこそ』の試写会が当たったので観に行ってきました。

文京区のシビックホールでの上映だったのですが、けっこう大きなホールなのに席はほぼ埋まっていて。上映が終わったら拍手も起こって、この映画への期待や評判が伺えました。

思いっきり笑えて思いっきり泣けて…これはマジ観るべしです!

南北朝鮮がいがみ合っている時代が背景…なのかな? そのそれぞれの兵士と、連合軍のアメリカ兵が、隊から逃げ出したり戦禍から逃れたり戦闘機が墜落したりというそれぞれの理由で、山奥にある“トンマッコル”という純粋すぎる心を持った人々が住む村に辿り着く。

そこから話が展開していくんですが、マンガみたいなシーンも挟み込まれて笑える前半に対し、終盤へ向けての切なさと言ったら! ラストの笑顔はホント切なすぎました。

あの時代、日本の軍隊も同じ状態だったんだ。それをお互い理解できれば、ふたつの国の間はもっと近くなれるのにね。憲法9条を変えようとしてる人たち、これを観て何を考えるか…。

トンマッコルへようこそ DVD トンマッコルへようこそ

販売元:日活
発売日:2007/03/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『プリティ・ヘレン』★★★★★ | トップページ | 『ホワイト・プリンセス』★★★★☆ »

コメント

きのうぱんだこが、ここに試写ー!

投稿: BlogPetのぱんだこ | 2006.10.01 11:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89919/3608996

この記事へのトラックバック一覧です: 『トンマッコルへようこそ』★★★★★:

» 映画「トンマッコルへようこそ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Welcome to Dongmakgol 北から南から空から、死地を求めてトンマッコルへと兵士が集う。山奥のメルヘンチックなその村に一体何があるというの、子供のように純粋な心の住む村・・ 1950年、朝鮮半島を分断する戦いも米韓軍の仁川上陸によって終焉を迎えようとし... [続きを読む]

受信: 2006.11.01 03:08

» 映画「トンマッコルへようこそ」 [いもロックフェスティバル]
映画『トンマッコルへようこそ』の試写会に行った。 [続きを読む]

受信: 2006.11.01 18:06

» トンマッコルへようこそ 06年211本目 [猫姫じゃ]
トンマッコルへようこそ 2005年   パク・クァンヒョン 監督  久石譲 音楽シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリョン 、ソ・ジェギョン 、スティーヴ・テシュラー よかったぁ! 見に行ってよかったぁ! 邦画の今年最高がフラガール...... [続きを読む]

受信: 2006.11.01 21:41

» ★「トンマッコルへようこそ」 [ひらりん的映画ブログ]
韓国で800万人が笑って泣いた・・・という触れ込みの作品。 [続きを読む]

受信: 2006.11.03 04:06

» 「トンマッコルへようこそ」久々の韓国映画の傑作登場 [soramove]
昨年9月13日にソウルで見た韓国大ヒット映画がやっと日本で公開 リバイバル記事ですが、ソウルの観客と一緒に見た感想です。 「トンマッコルへようこそ」★★★★ シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン 主演 1950年朝鮮戦争真っ只中、 隊からはぐれ...... [続きを読む]

受信: 2006.11.05 11:09

» 【劇場鑑賞121】トンマッコルへようこそ(WELCOME TO DONGMAKGOL) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
「トンマッコル」 子供のように、純粋な村 戦争が起こっていることなど誰も知らないこの村に、3組のお客さんがやってきた。 ひとり、空から落ちてきた。 ふたり、森からやってきた、 3人、山を越えて来た。 彼らは、戦場から迷い込んだ兵士たちでした。 ...... [続きを読む]

受信: 2006.11.06 20:39

» 「トンマッコルへようこそ」見てきました。 [よしなしごと]
 この映画の名前を見ると「マッコリ」を思い出すなぁ~。なんて考えていたら、チケットを買う時に「トンマッコリへようこそ1枚」なんて言ってしまい恥ずかしい思いをしました。と言うわけで、トンマッコルへようこそを見てきました。... [続きを読む]

受信: 2006.11.16 03:45

» 「 トンマッコルへようこそ」 [共通テーマ]
1950年代、朝鮮戦争中、戦争とはまるで無縁の山奥の平和な村トンマッコル。アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍2人、人民軍の3人がそんな村へやってきて…。久石譲が音楽を担当したこの映画、あなたのご感想をどうぞ。 ... [続きを読む]

受信: 2006.12.03 21:59

» トンマッコルへようこそ−(映画:2006年147本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:パク・クァンヒョン 音楽:久石 譲 出演:シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン、イム・ハリョン 評価:95点 公式サイト (ネタバレあります) 笑い、感動し、そして泣いた。 韓国で800万人の人が見たというが、十分に納得....... [続きを読む]

受信: 2006.12.12 21:53

» mini review 07031「トンマッコルへようこそ」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
カテゴリ : SF/ファンタジー 製作年 : 2005年 製作国 : 韓国 時間 : 132分 公開日 : 2006-10-28〜 監督 : パク・クァンヒョン 出演 : シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘジョン 50年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村”トンマッコル”へアメリカ人パイロットのスミス、韓国軍の2人、それに敵対する人民軍の3人がやってきた。最初は警戒し合うもの�... [続きを読む]

受信: 2007.03.10 14:37

« 『プリティ・ヘレン』★★★★★ | トップページ | 『ホワイト・プリンセス』★★★★☆ »