« 神田デビュー! | トップページ | 『ロミオ&ジュリエット』★★★☆☆ »

2006.12.17

『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』★★★☆☆

Nannymcphee_01エマ・トンプソンが主演&脚本も手掛けている『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』を観ました。原作がイギリスに古くから伝わる児童書的な作品だということで、イギリスらしいファンタジーと言うか何と言うか…って感じでした。

末っ子のお産で母親を亡くしたブラウン家の子供たち。葬儀屋の仕事が忙しく子供にあまりかまってやらない父親(コリン・ファース)のせいもあって、やりたい放題に育ってしまった子供たちは、得意のいたずらで乳母(ナニー)を17人も追い出してしまっているの。ブラウン氏は、資金を援助してくれている叔母さんから“1年以内に再婚しないと援助をやめる”と言われ、子供たちは愛しているとは言え、ますます子供どころじゃない。

そんなところへ、伝説のナニー=マクフィー(エマ)が突如現れる。イボだらけで出っ歯もある醜い顔の彼女だけど、杖をひと突きすると魔法がかかる。最初はこれまでどおり乳母に反発する子供たちなんだけど、マクフィーの“子供たちの味方”って気持ちも伝わって、元々賢い子供たちだけに、自分たちで考えて行動を起こそうとする。そして、“5つの約束を果たすのが条件”の彼女が、子供たちやブラウン氏にその“約束”を果たさせると、徐々に顔が変わっていくの。

何となくの展開も読めちゃう作品だけど、こういうファンタジー、あたしは好きだなー。小さい頃、よく読んでたし。これの原作も読んでみたいですね。

それにしても、コリン・ファースはやはり萌えます。イギリス人イイ!!

ナニー・マクフィーの魔法のステッキ DVD ナニー・マクフィーの魔法のステッキ

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2006/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 神田デビュー! | トップページ | 『ロミオ&ジュリエット』★★★☆☆ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』★★★☆☆:

« 神田デビュー! | トップページ | 『ロミオ&ジュリエット』★★★☆☆ »