« 『ロミオ&ジュリエット』★★★☆☆ | トップページ | 『アンジェラ』★★★★☆ »

2006.12.20

『歓びを歌にのせて』★★★★☆

Heaven_wp2_1024スウェーデン映画の『歓びを歌にのせて』を観ました。前情報は“良い”という評判のみで、詳しい内容は知らず、むしろこういう話だとは思ってなかったので、それだけにまた深い感動もありましたねぇ。

8年先まで公演の予定が入っている指揮者=ダニエルは、ある公演中に心臓発作で突如倒れてしまう。仕事を全てキャンセルしたダニエルは、ボロボロの心臓を抱えて、幼少期を過ごした村に帰り着くの。

でもその村は、彼がいじめられたことが原因で出ていったというトラウマのある場所でもある。音楽家としてデビューする時に名前を変えているとは言え、ダニエルは最初は村の人と関わりを持とうとしないのね。

だけどある時、聖歌隊の指導を頼まれ、そこで“心を開く音楽”を見つけた彼は、聖歌隊の指導に没頭し、そんな彼の心に村の人々も惹かれていく。それぞれに問題を抱えた村の人たちも、それをキッカケに“目覚め”ていく。

音楽で人の心を扇動していく彼に、嫉妬や疑念を感じる者もいるんだけど、そんな村を支えたのが、天使のような“声”の響きだった…

心の底から吐き出された、無垢な声ってホントに素晴らしいですね。声にホントに感動させられました。またラストがね、温かくも切なくて。やっぱちょっとした宗教観もあったりするんでしょうか。

歓びを歌にのせて DVD 歓びを歌にのせて

販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2006/06/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『ロミオ&ジュリエット』★★★☆☆ | トップページ | 『アンジェラ』★★★★☆ »

コメント

突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.htmlです。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2006.12.24 15:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89919/4612260

この記事へのトラックバック一覧です: 『歓びを歌にのせて』★★★★☆:

» 映画『歓びを歌にのせて』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Sa Som I Himmelen 天国は何処にあるのだろう、どこか近くにあるというけれど・・、もう一人の天使も遂に現れることはなかったけど、天使の歌声に包まれて彼は静かに逝った・・・ ダニエル・ダレウス(ミカエル・ニクヴィスト)は、小さいときからの夢が人の心を開かせる... [続きを読む]

受信: 2006.12.20 12:20

« 『ロミオ&ジュリエット』★★★☆☆ | トップページ | 『アンジェラ』★★★★☆ »