« 『バベル』★★★★☆ | トップページ | 『2番目のキス』★★★★★ »

2007.04.24

『ピュア』★★★☆☆

Pure キーラ・ナイトレイ出演作『ピュア』を観てみました。…が、キーラはDVDのパッケージはかなり主演扱いなものの、ホントはかなりのちょい役でした。彼女がブレイクする、まだ前の作品なんだから、そりゃそうでしょう。

父親を亡くし、ドラッグ中毒の母親メルと弟と3人で暮らすポール。最初、具合が悪い母親が摂っている薬は普通の薬だと思っているポールなんだけど、母親の友達がオーバードーズで死に、母親のパート先の同僚に言われたことで、その薬がヘロインだと知るの。母親を愛しながらも、父親の親友でありドラッグの売人=レニーに依存するところには嫌気がさし、母親をドラッグから断たせようとする。メルも子供たちのため、自力でドラッグを断とうとするも、禁断症状の苦しみから、またレニーにドラッグを与えられてしまう。

そんなダメダメな母親の姿を目の当たりにして、街のウエイトレス=ルイーズ(キーラ)に慰められるポールなんだけど、実は彼女もまたドラッグ中毒者であり、しかもレニーの子供を妊娠していて…

母親を愛し理解し、時には厳しくし、そして周りに対してもしっかり踏ん張るポールの姿がカッコよかった。ポールを演じたハリー・エデンって子が良かったなー。どうやら、『オリバー・ツイスト』に出てた子のようでした。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 『バベル』★★★★☆ | トップページ | 『2番目のキス』★★★★★ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ピュア』★★★☆☆:

« 『バベル』★★★★☆ | トップページ | 『2番目のキス』★★★★★ »