« 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』★★★☆☆ | トップページ | 『トラブル・マリッジ~カレと私とデュプリー』★★★☆☆ »

2007.06.28

『ブラック・ダリア』★★★☆☆

Bddesk4_800 ブライアン・デ・パルマ監督作『ブラック・ダリア』です。劇場公開前、鮮烈なヴィジュアルでの宣伝に目を惹かれました。1947年にロサンゼルスで起きた“ブラック・ダリア事件”という実際の事件を元にしたフィクションである。

“ミスター・アイス”と呼ばれるバッキー(ジョシュ・ハートネット)と、“ミスター・ファイア”と呼ばれるリーはボクサーとしてライバルの関係だったが、共に警官へと転身。そんなふたりに、ロサンゼルス市警のPRのための慈善試合の企画が持ち上がる。市警の中ではエリート部署でもある特捜課への異動をかけたものでもあったんだけど、バッキーは父親の施設費のために敢えて負ける。そして、予定通り特捜課へはリーが異動になったんだけど、バッキーに誘いの声がかかる。

“氷と火”の名コンビとして交流を深める二人。バッキーは、リーと同棲する恋人=ケイ(スカーレット・ヨハンソン)に出会い惹かれつつも、そんな気持ちを押し殺して二人と付き合っていく。そして、数々の犯罪を取り締まる中で、二人はある銃撃戦に巻き込まれる。リーの言葉で命拾いをしたバッキーだったが、その現場のすぐ近くで女性の惨殺死体が発見されるのだ――それが“ブラック・ダリア”と呼ばれる女優志望のエリザベス・ショートだった。

自分とバッキーを“ブラック・ダリア事件”の捜査に当たれる殺人課に回れるよう画策しつつ、事件解決に異様なまでの執着心を見せるリー。そんなリーを気にかけつつも、バッキーは段々と事件の核心に近づいてゆく…。

これまた、人物相関図を見ながら映画を観たほうが分かりやすいかも的な作品だったんですが、とにかくラスト20分ぐらいの展開が凄まじい。“へ!? そっちだったの??”みたいな展開で、目が離せませんでした~。あとは、衣裳やら映像の雰囲気やらがとにかくステキでした。

ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組 DVD ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組

販売元:東宝
発売日:2007/05/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ←押してくださ~い☆

|

« 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』★★★☆☆ | トップページ | 『トラブル・マリッジ~カレと私とデュプリー』★★★☆☆ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ブラック・ダリア』★★★☆☆:

» 映画「ブラック・ダリア」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Black Dahlia 1940年代後半、日本では戦後色も色濃い頃、へそのところで切断され、口は耳まで裂かれ内臓はないぞの全裸女性死体、実在事件に着想の小説映画化 元ボクサーの二人の刑事、チャリティーで催すボクシングの試合のシーンもそこそこに、ミステリ... [続きを読む]

受信: 2007.06.29 00:34

« 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』★★★☆☆ | トップページ | 『トラブル・マリッジ~カレと私とデュプリー』★★★☆☆ »