« 『キンキーブーツ』★★★★☆ | トップページ | 『恋人にしてはいけない男の愛し方』★★☆☆☆ »

2007.07.15

『微笑みに出逢う街角』★★★★★

Main2_1 出演者陣が気になったので『微笑みに出逢う街角』を観ました。ソフィア・ローレンの100本目の出演作であり、監督は彼女の息子さんなんだとか。原題が『BETWEEN STRANGERR』で、他者同士の係わり合いが描かれた作品内容ってことを考えると、原題のほうがいいですねぇ。

3人の女性を中心に描かれる物語。車椅子の夫と二人暮らし、スーパーでパートをしているオリビア(ソフィア)。彼女は夫に内緒で絵を描く趣味も持っていて、かつてはフィレンツェで学ぶ夢を抱いていたこともあって、かなりの腕前。

アンゴラで撮影した写真が初めてTIME誌の表紙を飾ったフォト・ジャーナリスト=ナタリア(ミラ・ソルヴィーノ)。父親もTIMEで何度も表紙を飾ったことがあるカメラマンで、父親を越えようと頑張ってはいたが、アンゴラでの記憶がないことに悩まされてもいた。

22年間の刑期を終えて出所した男の後を、銃を手にしてつける女=キャサリン(デボラ・カーラ・アンガー)。彼女は国際的チェリストなんだけど、夫と娘の元から逃げ出していた。

彼女たちはみんな、現状にある以上の悩みや秘密があって、徐々に明らかになっていく中でそれらが彼女たちを悩ませ、変化を与えていく…。彼女たちだけの前に、歌いながら微笑む少女が現れるんだけど、それが彼女たちの転機でもあって。

静かに進んでいく作品なんだけど、紡がれる言葉や人物の関係などが実に良かったですね。作中やエンドロールに流れる曲がいいなぁと思ってたんですが、『トリコロール』3部作なんかの音楽も担当されてる人のようですね。

微笑みに出逢う街角 デラックス版 DVD 微笑みに出逢う街角 デラックス版

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2005/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ←押してくださ~い☆

|

« 『キンキーブーツ』★★★★☆ | トップページ | 『恋人にしてはいけない男の愛し方』★★☆☆☆ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『微笑みに出逢う街角』★★★★★:

» 映画『微笑みに出逢う街角』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Between Strangers 人生は重い荷物を背負って坂道を登るようなものって徳川家康が言ったとか言わなかったとか・・人は楽しい事より、厭な思い出ばかり思い出す。 自らが幼い頃、生んでしまった娘を手放し、下半身麻痺の夫と暮らすオリヴィア(ソフィア・... [続きを読む]

受信: 2007.07.28 15:11

« 『キンキーブーツ』★★★★☆ | トップページ | 『恋人にしてはいけない男の愛し方』★★☆☆☆ »