« 『包帯クラブ』★★★☆☆ | トップページ | 『寝ずの番』★★★☆☆ »

2007.09.15

『トリスタンとイゾルデ』★★☆☆☆

Small_2 ロミオとジュリエットの元となった史実…なんでしたっけ? 『トリスタンとイゾルデ』です。

イギリスが各部族で分断されていて、アイルランドに攻められている時代のお話。分断している部族同士同盟を結び、アイルランドに対抗しようという矢先、アイルランドに攻め込まれる。まだ子供だったトリスタンは床下に匿われたことで生き延びるんだけど、目の前で両親が殺されてしまう。手を切り落とされながらもトリスタンを守ったマークを王とする国に引き取られたトリスタンは、そこで地元の子供たちと育てられるの。

一方アイルランドでは女王である母を亡くして悲しみにくれる幼いイゾルデが。やがて美しく成長したイゾルデは王である父に婚約者を決められてしまい、自由な愛のなさに悲嘆する。

復興を遂げて来たイギリスに、再びアイルランドが奇襲をかけるの。だけどトリスタンたちの機転によって撃墜、アイルランド勢にいたイゾルデの婚約者も戦死するんだけど、彼の刀に塗られた毒にあたったトリスタンも仮死状態に。だが、死んだと思われたトリスタンは火を放った船で流されて弔われる。

その船はアイルランドに流れ着き、毒の知識を持つイゾルデによってトリスタンは一命を取り留め、やがて二人には愛が芽生えるんだけど、回復したトリスタンは再びイギリスへ。

アイルランド王の画策で、領地と姫を賭けて部族間での決闘が行われることに。部族の代表として出場したトリスタンは勝利するも、その賭けられていた姫がイゾルデだと知るや落胆…イゾルデはマーク王のもとに嫁ぐの。だけど二人は隠れて逢瀬を重ねるようになり、それはやがて悲劇を生むことに……

という、まさにロミジュリな“叶わぬ運命の恋”を描いた作品なんだけど、なーんか何にも心に来なかったりして。こういうタッチの作品でモロCGな背景も萎えたし。メロート役の俳優さんに萌えたぐらいでした。

トリスタンとイゾルデ DVD トリスタンとイゾルデ

販売元:20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン
発売日:2007/06/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ←押してくださ~い☆

|

« 『包帯クラブ』★★★☆☆ | トップページ | 『寝ずの番』★★★☆☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89919/7946249

この記事へのトラックバック一覧です: 『トリスタンとイゾルデ』★★☆☆☆:

» 映画「トリスタンとイゾルデ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Tristan + Isolde 愛>生>死、すなわち、愛をもって尊しと成す、トリスタン+イゾルデ≠愛に生きる、すなわち、忠義と人情が愛欲に勝る。義理との狭間でゆれる愛の物語・・ ローマ帝国の衰退と共に群雄割拠の時代を迎えたイングランド、海を隔てて敵対するアイルラ... [続きを読む]

受信: 2007.09.15 12:32

« 『包帯クラブ』★★★☆☆ | トップページ | 『寝ずの番』★★★☆☆ »