« 『ボビー』★★★★☆ | トップページ | “新人ツアー(デビュー19周年)”@横浜BLITZ »

2007.09.27

『フラガール』★★★★★

Furasub レンタル屋ではずっと貸し出し中で借りられなかったんですが、先日台湾に行った時の往復で機内で観ました。『フラガール』です。ちなみに、台湾旅行記は追ってまた書くことにしますね。ついでに、先日の筋少のレポ(?)もまだ書いてないんですけど。

いわき市の炭鉱の町でのお話。代々、男は炭坑夫として、女は選炭婦として生きてきた地域なんだけど、石炭から石油へとエネルギー源が移りつつある時代で、鉱山も閉山に追い込まれるところが出てきている。そんな中、炭鉱会社がその危機を救うために考えたのが「常磐ハワイアンセンター」の建設。しかし、炭鉱の仕事に誇りを持つ町の人々は、当然ながらレジャー施設の建設に反対。

しかし、そこに住む若い娘たちは違う夢を持つ子たちもいて。ハワイアンセンターのダンサー募集の貼り紙を見て、“選炭婦”しかない将来から抜け出すために、早苗と紀美子(蒼井優)らは応募するの。しかし、肌も露なダンサーの姿を見てほとんどの娘たちは逃げ出してしまい、残ったのは早苗と紀美子、小百合(南キャン・しずちゃん)らの5人だけ。

その素人の5人にフラを教えるべく、SKDのダンサーだった平山まどか先生(松雪泰子)が招かれる。最初は田舎すぎる町と素人すぎる娘たちを見て教える気をなくすまどか先生だったんだけど、まどか先生の踊りを見て感動した紀美子たちの意欲に触れ、次第に真剣になっていく。

厳しいレッスンではあったんだけど、“どんな時も笑顔で踊るのがプロのダンサー”というまどか先生の教えは紀美子たちの心にも染み渡り、ダンサー予備生の数も徐々に増えていく。そうはいってもやはり町の人々からの風当たりは強く、いよいよ紀美子たちが人前でのダンスを披露しようというその時、町の人たちとダンサーを目指す娘たちとの軋轢によって、ある事件が起こってしまい…

いや~機内なのに母と二人で大泣きしました(笑)。これはまたちょっとちゃんと観たいかも。ダンスに頑張る彼女たちの姿や、まどか先生との心の交流なんかがすっごい胸に来ましたよ。しずちゃんの演技にいちばん泣いちゃったりして。そしてやはり、蒼井優のフラは凄かったね! 松雪より凄かったかも。この映画で終わっちゃうのはもったいないほどのフラでした。あとはウクレレの音楽も良かったな~。

フラガールスタンダード・エディション DVD フラガールスタンダード・エディション

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2007/03/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ←押してくださ~い☆

|

« 『ボビー』★★★★☆ | トップページ | “新人ツアー(デビュー19周年)”@横浜BLITZ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『フラガール』★★★★★:

» 映画「フラガール」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
泣けるよ、泣けるよ、と最初からそう思いながら観た、・・そう思いつつも思いの片隅に、わざとらしく感動を押し付けられるのではとの疑念もあったのだが・・ 時は昭和も40年、時代の波に押され風前の灯の常磐炭鉱、大量解雇の嵐が吹き荒れるなか、閉山の穴埋めに構想された... [続きを読む]

受信: 2007.09.29 00:34

« 『ボビー』★★★★☆ | トップページ | “新人ツアー(デビュー19周年)”@横浜BLITZ »