« 『アンフェアthe movie』★★★☆☆ | トップページ | 小粋にカフェランチ。 »

2007.10.24

『ドリームガールズ』★★★☆☆

Main2 昨年度のアカデミー賞において8部門ノミネートされながらも作品賞は選外だった『ドリームガールズ』。蓋を開けてみれば受賞は助演女優賞の他1部門のみだった…んだっけ? そんな話題作を今さら観ました。

劇場の出演者のオーディションに出場したエフィー(ジェニファー・ハドソン)、ディーナ(ビヨンセ)、ローレルからなる女性ヴォーカル・グループ、ドリーメッツ。遅刻してすんでのところで出場権を失いそうになるも、彼女たちのパワフルなステージに観客は大盛り上がり。だけど、半ばできレースだったため彼女たちは落選するも、人気歌手ジミー(エディ・マーフィ)のバックコーラスに抜擢されるの。

ジミーと共にツアーを廻るうちに彼女たちの人気も上昇。プロデューサーであるカーティス(ジェイミー・フォックス)の発案により“ドリームガールズ”として独立することに。だけどそれは、“売れるため”に3人の関係性を崩すことでもあったんだけど、そんな彼女たちの心とは裏腹にドリームガールズは一躍トップアーティストへと上り詰める。

レコーディングとコンサートの日々に忙殺され、そこに入ってきた小さなヒビは、エフィーの失踪により大きな亀裂を生んでしまう。そこからドリームガールズの運命は大きく変わっていくんだけど、ある事をキッカケに再び“本当のこと”が見え始め――

元々は舞台のミュージカル作品なんだけど、これは歌が要所要所だけに使われるかたちになっているから、純粋なミュージカルとはちょっと違うかも。それゆえに、ビヨンセだのジェニファーだの、“歌手の力”としての話題が先行して、薄っぺらく感じてしまうところもなくはなかったり。そういうところがアカデミー賞での結果なのかもしれません。

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション DVD ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション

販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
発売日:2007/06/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ←押してくださ~い☆

|

« 『アンフェアthe movie』★★★☆☆ | トップページ | 小粋にカフェランチ。 »

コメント

>しんじさん。
あたしはフツーのミュージカルが好きだからこの感想、ってのもあるかもですけどねー。

投稿: ぢゅん。 | 2007.10.30 11:44

どうもお久しです♪
それ僕も観た!!
迫力はあったけど内容は薄っぺらかったかも(^_^;
でも舞台に上がってる姿とかを見てると僕も大きな舞台に上がって魅了したいなぁって本気で思いましたよ♪
やっとぢゅんさんと共通の映画にたどり着いた(笑)。

投稿: しんじ | 2007.10.25 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89919/8587566

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドリームガールズ』★★★☆☆:

» 映画「ドリームガールズ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Dreamgirls 「プライメッツ」から「ダイアナ・ロス&ザ・シュープリームス」、彼女達の足跡が、メリーゴーラウンドのようにハイテンションでソウルフルに解散まで持続する・・ エフィー・ホワイト(ジェニファー・ハドソン)、ディーナ・ジョーンズ(ビヨンセ・ノウ... [続きを読む]

受信: 2007.10.25 00:45

« 『アンフェアthe movie』★★★☆☆ | トップページ | 小粋にカフェランチ。 »