« キティさん3連発! | トップページ | 『コマンダンテ』★★★☆☆ »

2007.11.19

『ラブソングができるまで』★★★★☆

Musicandlyrics_wallpaper_1 ヒュー・グラント好きでドリュー・バリモアも好きなあたしとしては観るしかないでしょ!的な作品『ラブソングができるまで』です。原題は『Music and Lyrics』で、確かにそういう話なんだけど、これは邦題のほうが分かりやすくて夢のある感じでイイかも。

80年代に一斉風靡したポップバンド“PoP”のヴォーカリスト=アレックス(ヒュー)は、“元アイドル”の肩書きに甘んじて、“元ファン”だった往年のギャルたち相手のイベントに出演したり、冴えない日々を暮らしているの。

だけど、そんなアレックスの元に大人気の歌姫コーラが、昔聴いたPoPの曲で立ち直れたことを理由にアレックスに新曲の依頼をしてくる。だけど彼は、半ば昔の記憶がトラウマ状態になっていて作曲が思うように進まず、さらには作詞が苦手。相性の合う作詞家じゃないと…と、最初の作業に挫けそうになっていた時、アレックスの家に植木の水遣りのヘルプに来たソフィー(ドリュー)が口ずさんだフレーズが、アレックスの心を打つ。

彼女こそ適任!とソフィーを口説き、締め切りの迫ったコーラへの新曲を作るべく、寝ずに作業を進める二人。ソフィーも実は心に悩みを抱えていて、そんな二人がすれ違い、作業も難航したりするんだけど――

これはね、ヒューとソフィーだったから成り立った作品なのかも。二人の魅力がなければ、ここまでの魅力ある作品は出来なかったかもなー。あと、オープニングに流れる“PoP”のPVが笑えました。な~んかTM NETWORKのデビュー時のPVみたいだなぁ…なんて思ってたんだけど、ヒューが“PoPのアレックス”を演じるにあたって参考にしたのがデュラン・デュランとのこと。TMも最初はデュラン・デュランに影響を受けてたって言ってたから、そういうことなんだよねー(笑)。

ラブソングができるまで 特別版 DVD ラブソングができるまで 特別版

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007/09/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ←押してくださ~い☆

|

« キティさん3連発! | トップページ | 『コマンダンテ』★★★☆☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89919/9001740

この記事へのトラックバック一覧です: 『ラブソングができるまで』★★★★☆:

» 映画「ラブソングができるまで」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Music and Lyrics 元ポップスターに元ライター、二人の人生に埋れた曲と歌詞が出会う時、きらめきのファンタスティックワールドがやってくる・・ラブソングなラブストーリー・・・ アレックス・フレッチャー(ヒュー・グラント)は、かつての人気バンドPOP&qu... [続きを読む]

受信: 2007.11.20 12:22

« キティさん3連発! | トップページ | 『コマンダンテ』★★★☆☆ »