« 『モーツァルトとクジラ』★★★★☆ | トップページ | “REMASTER”@日本武道館 »

2007.12.08

『クイーン』★★★☆☆

Wall02_800 ヘレン・ミレンが今年のアカデミー賞主演女優賞を獲った『クイーン』です。あたしの星の数が少ないのは、期待が大きすぎた故、でしょうか…。

1997年のイギリス。選挙による政権交代で、トニー・ブレアが新首相に選ばれた年。改革を成そうとするブレアの公約と、王室を敬わないブレアの妻に憂えているエリザベス女王。最初はそんなシーンから始まるんだけど、数日後の夜に事態は一変。すでにチャールズと離婚し王室を離れていたダイアナが、パリで交通事故に遭ったというのだ。

やがて、混乱する王室に最悪の知らせが届けられる。そこから、王室の、国会の、世の中の動きが、実際の映像を交えながら刻々と展開していくの。

ダイアナはあくまでも一般人なんだと頑なな姿勢を崩さない女王に対し、チャールズとブレアの対応、そして大衆の反応…。事故から1週間という中で見え隠れする女王の胸の内が綴られていく。

女王を演じたヘレンは素晴らしかったけど、実際のチャールズはこんなに優しい人かなぁとかいろいろ考えちゃうと、やっぱエンターテイメントの域を出ない作品なんだなって気がしまして。でもまぁ、“映画”であることを考えれば、エンターテイメント足り得る作品ってことで成功なのかも。

クィーン<スペシャルエディション> DVD クィーン<スペシャルエディション>

販売元:エイベックス・エンタテインメント
発売日:2007/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ←押してくださ~い☆

|

« 『モーツァルトとクジラ』★★★★☆ | トップページ | “REMASTER”@日本武道館 »

コメント

最強アクセスアップツール
>>アクセスゲート<<
-上位入賞者には-
高額賞金を贈呈!
http://acgt.jp/

ブログ・HP・プロフ
メルマガ等で登録可能

是非、無料登録をお願いします。
突然のカキコミ失礼致しました。

投稿: アクセスゲート | 2007.12.12 17:03

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『クイーン』★★★☆☆:

« 『モーツァルトとクジラ』★★★★☆ | トップページ | “REMASTER”@日本武道館 »