« 『善き人のためのソナタ』★★★★★ | トップページ | 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』★★★★☆ »

2008.01.18

『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』★★★★★

Main “本を読んでから…”なんつってたら、映画どころか本もまるで読んでない『ハリーポッター』の二の舞にならないように(苦笑)、今さらながら『ナルニア国物語 第1章』を観ました。

激しくなる戦禍から逃れるために、カール教授の屋敷へ疎開をするピータン、スーザン、エドマンド、ルーシーの4兄妹。母親もいなくやることのない4人は広い屋敷でかくれんぼを始めるの。隠れ場所を探すルーシーは大きな洋服タンスを発見。そこに身を隠すと、奥深くまで続いていて、気付くとルーシーは雪景色の中。そこで下半身が馬のタムナスに会い、ここがナルニア国だと知り、女王に生け贄にされそうになるも、ルーシーの優しさに触れたタムナスは帰してくれる。

屋敷に戻ったルーシーは兄姉に話すも誰も信じてくれない。気になって眠れないルーシーは再びタンスからナルニア国へ。あとをつけたエドマンドもナルニアへ行くんだけど、ルーシーを探すうちに女王に出会ってしまうの。女王は、そこに伝わる呪いを解かないように、兄弟揃って城を訪ねるようにエドマンドに告げて解放する。そして、ルーシーに会って二人で屋敷に戻る。

ナルニアの話はルーシーの夢…再び普通の日々に戻った4人。エドマンドが打った球が窓ガラスを割ってしまい、逃げるためにタンスの中へ…ついに4人がナルニア国へ迷い込む。

そこで出会ったビーバーは、4人が呪いを解く王・女王になる人物だと悟り助けるの。だけどエドマンドは兄に反発し、女王の誘いも忘れられずに勝手に城へ行ってしまい、捕われてしまう。3人とビーバー夫婦はエドマンドを助けるために、本当の王アスランのもとに急ぐ。途中、彼らの前にサンタクロースが現れ、ピーターに剣を、スーザンに弓矢を、ルーシーに薬を与えるの。呪いのためにクリスマスが100年来ていなかったというナルニアは変わり始めていたのだ。

いよいよ会うことが出来たアスランは凛々しいライオン。そんな彼に3人は自身に与えられた使命を改めて知り、女王との戦いのために立ち上がる――

いや~基本が夢子のあたしにはこれは良かった! 子供の読む物語が原作だけあって、教訓めいたところもありつつ、そこがちょっとホロリとさせられてね。まさに夢のある作品!って感じで好きですね。子役たち…特にルーシー役の子が最高だったし。今年公開の第2章、彼らは出ないみたいだけど楽しみですね。

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 DVD ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2006/07/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ←押してくださ~い☆

|

« 『善き人のためのソナタ』★★★★★ | トップページ | 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』★★★★☆ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』★★★★★:

« 『善き人のためのソナタ』★★★★★ | トップページ | 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』★★★★☆ »