« 『ボルベール〈帰郷〉』★★★★★ | トップページ | 『Shopgirl/恋の商品価値』★★★☆☆ »

2008.03.04

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』★★★★☆

Tmbn555_1011 ウォン・カーウァイ監督作、ノラ・ジョーンズ初主演作、2007年カンヌ国際映画祭オープニング作品という、話題盛り沢山の『マイ・ブルーベリー・ナイツ』の試写会を観てきました。いろいろと話題のある作品なので超満席なのかと思いきやそうでもなく、会場のニッショーホールは8割の入りといったところでしょうか。意外にもウォン・カーウァイの初の英語作品らしく、それもあってか英語の会話が分かりやすかったので、今後の勉強のためにも使えそうです(笑)。

男の浮気により失恋したエリザベス(ノラ)は、ニューヨークにあるカフェを訪れる。そこはジェレミー(ジュード・ロウ)が経営するカフェで、彼との会話とそこにあるブルーベリー・パイで落ち着きを取り戻し始めるエリザベス。だがまだ失恋の癒えない彼女は旅に出ることに。

メンフィスで、昼はカフェ、夜はバーで働き始めるエリザベス。そこでアル中の警官と、彼が執着する別れた妻(レイチェル・ワイズ)に会い、二人の愛に形を知る。

Portmanblue やがてエリザベスはカジノでレスリー(ナタリー・ポートマン)と出会う。信じるのは自分の運と力だけというギャンブラーの彼女に持ち掛けられた賭けで負けたエリザベスは、彼女と二人で彼女の父親がいるというラスベガスへ車で向かう。旅の間の彼女との会話から人生について考えるエリザベス。

そして、その土地土地で知った人生について考えながら、ジェレミーへ何通も手紙を送るのだ。その手紙を通して心を通わせていった二人はやがて再会する――

ガラスとか、何か越しに映った人物の映像がすごく多いんだけど、それがウォン・カーウァイらしい綺麗な映像でね。役者陣もみんないいんだけど、中でもジュード・ロウ。大きく優しい感じが、今までになくめちゃくちゃカッコよかった! ノラ・ジョーンズはヘンな初々しさはなくて良かったけど、妙に幼く見えました。

時間軸と距離の関係が時折分かりづらくなることもあってか、1時間35分という上映時間以上に長く感じたのは、やや難ってところでしょうか。

マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディション DVD マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディション

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2008/09/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ←押してくださ~い☆

|

« 『ボルベール〈帰郷〉』★★★★★ | トップページ | 『Shopgirl/恋の商品価値』★★★☆☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89919/10929910

この記事へのトラックバック一覧です: 『マイ・ブルーベリー・ナイツ』★★★★☆:

» 映画「マイ・ブルーベリー・ナイツ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:My Blueberry Nights 疾走する電車とカフェ・・ブルーベリー・パイの味は、あなたに近づくための5,603マイルの旅・・恋する気持ちを旅で埋め、新たな恋に踏み出す勇気を繋ぐ旅・・・ 通りの向かいのカフェ、道路を横断すればいいだけなのに、甘酸っぱいブルーベリー・パ... [続きを読む]

受信: 2008.04.11 00:50

« 『ボルベール〈帰郷〉』★★★★★ | トップページ | 『Shopgirl/恋の商品価値』★★★☆☆ »