« 『ジョージアの日記 ゆーうつでキラキラな毎日』★★★★★ | トップページ | Queen Adreena@渋谷CLUB QUATTRO »

2008.11.15

『エンジェル』★★★★☆

Angel フランソワ・オゾン監督作『エンジェル』を観ました。何と言うか、フランス人だからか何なのか、この人の作品はそこはかとない恐ろしさがありますね…。

イギリスの郊外に住む作家志望のエンジェルは、近所にある豪邸“パラダイス・ハウス”での暮らしを夢見ながら、小説を書くことに没頭する。学校も行かずに書き上げた小説を出版社に売り込むために、ロンドンへ行くことに。世間知らずのエンジェルが書いただけに、小説にある矛盾点の書き直しを依頼するも、エンジェルはがんとして聞こうとしない。一度は出版取り止めになりかけたものの、エンジェル自身に惹かれた社長は出版を決意。すると、エンジェルは瞬く間に人気作家へとのし上がっていく。

出版記念パーティーで、作詩家志望のルーシーと会い、その弟であり画家のエスメを紹介され、とたんに恋に落ちるエンジェル。ルーシーとの友情以上のような仲を深めながら、エスメへも激しくアプローチする。

06 そんなある日、憧れの“パラダイス・ハウス”が売りに出ているのを知り、即座に購入、母親を連れて移り住むことに。そしてついにはエスメとも結婚。エンジェルの人気はますます上がっていて、エンジェルのプライドもますます高くなり、幸せに見える状況ながら、エンジェルから周りの心はだんだんと離れていくように…。そして、心が離れ始めたエスメは、戦争が始まったことをキッカケに、戦地へ赴くことになる。

そんな中、流産や母親の死といった不幸がエンジェルを襲うと、だんだんと精神の均衡を崩し始める――

とにかく、エンジェルの怖くて悲しい様がきっちり描かれていて、映像が綺麗なだけに、彼女の感情がより浮き彫りにされていくのよね。ラストにかけての展開も、終わった後も、悲しくもあり、それ以上にすーっとした怖さがあった作品でした。

エンジェル DVD エンジェル

販売元:ショウゲート
発売日:2008/07/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ←押していただけると嬉しいで~す☆

|

« 『ジョージアの日記 ゆーうつでキラキラな毎日』★★★★★ | トップページ | Queen Adreena@渋谷CLUB QUATTRO »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『エンジェル』★★★★☆:

« 『ジョージアの日記 ゆーうつでキラキラな毎日』★★★★★ | トップページ | Queen Adreena@渋谷CLUB QUATTRO »