« 地味にショックです。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

2008.12.27

『みんな誰かの愛しい人』★★★☆☆

Jacvi フランス映画、アニエス・ジャウイ監督作の『みんな誰かの愛しい人』を観ました。いや~~実にフランス映画らしい、ちょっと陰鬱さもある会話劇、って感じでしたねぇ。

ロリータは返事のしないタクシーの運転手に苛立っていた。途中、父親とその妻を乗せ、父親もタクシーの運転手にキレながらも着いた先は、父親カサールの小説の映画化パーティーの会場。新進気鋭の作家ピエールを紹介され交流を持つようになり、いろいろと世話を焼く反面、自分はスランプから抜け出せないでいたの。

ピエールの妻シルヴィア(アニエス)は、ロリータに声楽を教える教師なんだけど、ロリータの暗さに嫌気がさして担当を降りようとする。が、彼女の父親が自分がファンであるカサールだと知るやいなや、練習を続けようとする。

カサールには若い妻がいるんだけど、心とは裏腹にいじわるな言葉ばかり浴びせてしまって、しまいには実家に帰られてしまうの。

一方ロリータは、父親の別荘に行く時に、仲の良いセバスチアンを誘うんだけど、本命は近所の別荘でパーティーを開いているマチューだったりする。

…といった具合に、登場人物同士が、なかなかはっきりと示さない愛情を胸に抱えながら、関わり合いを持っていくの。なかなかに、あたしのあまり得意じゃないタイプのフランス映画だわって感じです。最後はほっこりして良かったんですけどね。

みんな誰かの愛しい人 [DVD] DVD みんな誰かの愛しい人 [DVD]

販売元:ショウゲート
発売日:2005/05/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ←押していただけると嬉しいで~す☆

|

« 地味にショックです。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89919/26816215

この記事へのトラックバック一覧です: 『みんな誰かの愛しい人』★★★☆☆:

« 地味にショックです。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »