« 北京の旅、まとめ。 | トップページ | 意外にも当たってる…? »

2009.03.05

『さよなら。いつかわかること』★★★★★

Graceisgone 久々にTSUTAYAに行ってきたよ…というワケで、DVDも久々に借りてきました。観たかった『さよなら。いつかわかること』ですが…いや~泣いたなー。原題は『Grace is gone』で、ある意味そのままのタイトルなわけですね。

ホームセンターに勤めるスタンリー(ジョン・キューザック)の妻グレイスは兵士で、イラクに派兵されていて今は家にいない。スタンリーは自分の寂しさを埋めるために仕事に没頭し、ハイディとドーンの2人の娘を必死に世話をし、時には兵士を夫に持つ妻たちの会に参加してみたりする。そんなある朝、2人の兵士が妻の死の知らせを届けに来る。呆然と動けなくなるスタンリー。娘たちが帰ってきても伝えることが出来ないまま陽気に振る舞い、食事に連れ出し、そのままドーンの行きたいテーマパーク“魔法の庭”を目指して旅行に出る。

娘たちと“楽しいこと”を必死にしながらも、家に電話して留守電の妻の声に向かって語りかけるスタンリー。そんな父親の異状を何となく感じながらも何も言わず、自分は自分で不安から来る不眠に悩むハイディ。そして、途中のガソリンスタンドで電話をかける父親の姿を目にし、その時に父親がついた嘘に気づいたハイディは、家の留守電を聞き事実を知ることになる――

ホントこれは号泣しました。ジョン・キューザックもイイ味出してたし。父親の、娘たちへの対処の仕方もさることながら、アメリカに住む友達の境遇とも重なってねぇ。彼女の旦那は今アフガンに派兵されていて、彼女は娘2人と留守を守ってまして。スタンリーの娘たちへの周りの対応と同じく、彼女の娘も寂しいながらも“パパたち兵隊が守ってくれてるんだから”って教わってるんだよね。日本に暮らしてるとそういう考えって出てこないからビックリもしつつ、兵士の家族たちは切ないけど強いなぁ…と改めて思ったのでした。

さよなら。いつかわかること [DVD] DVD さよなら。いつかわかること [DVD]

販売元:メディアファクトリー
発売日:2008/11/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ←押していただけると嬉しいで~す☆

|

« 北京の旅、まとめ。 | トップページ | 意外にも当たってる…? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89919/28479087

この記事へのトラックバック一覧です: 『さよなら。いつかわかること』★★★★★:

« 北京の旅、まとめ。 | トップページ | 意外にも当たってる…? »