« 『JUNO』★★★★★ | トップページ | バランスボールを買いました。 »

2009.04.27

『消されたヘッドライン』★★★★☆

State なんと、今年一発目の試写会なのです。何だか最近、全然当たらないなぁ。そんな中で当たった今回は、たぶんココログで募集してたブロガー試写会でした。ニフティさん、まりがとう!(笑) というワケで観に行ってきたのは、ケヴィン・マクドナルド監督作『消されたヘッドライン』です。原題は『STATE OF PLAY』で、えーと、誰か意味教えてください(苦笑)。邦題も何かもうちょっといいのなかったのかしら、的な気がするんですが。

ワシントン・グローブ紙のベテラン記者カル(ラッセル・クロウ)は、ある銃撃事件を追っていた。麻薬中毒者の少年が射殺され、ピザの配達人も狙撃されたのだ。

一方で、国会議員のスティーヴン(ベン・アフレック)の女性職員ソニア・ベーカーが地下鉄の駅で死亡し、それをスティーヴンが涙ながらに発表したことでスキャンダルが発覚。そのことを追うことになったワシントン・グローブのウェブ版記者デラ(レイチェル・マクアダムス)。

カルとデラは情報を交換するうち、2つの事件に奇妙な繋がりがあることが分かる。カルはスティーヴンとは旧知の仲だということもあって、グローブ紙の敏腕編集長キャメロン(ヘレン・ミレン)は、事件の真相=スクープを掴むため、スティーヴンに接触するようにカルに命じるの。

マスコミに追われ、行き場をなくしたスティーヴンはカルの家に逃げ込み、そこでソニアとの関係を話し、彼女の自殺説を否定。カルは友人のためにも真相を突き止めることを改めて決意する――

2時間の中で、事件の真相を一つ一つ暴き証拠を掴んでいきながらスピーディに展開していって、なかなか見応えのある作品だったように思います。新聞記者って設定が良かったのかも。…が、そのナゾを説きながら真実に近づいていく手法とか、警察ではない人物が真相を暴いていくストーリーとか、何となく…

“規模の大きな火サス”

的な雰囲気もあったように思えたのは、あたしの気のせいでしょうか(笑)。ラッセル・クロウのむさくるしさもちょっと気になりつつ。あの人、あんなムサいオッサンだったかなー。ともあれ、総合的には非常に楽しめる作品でした。5月22日から公開だそうなー。

にほんブログ村 映画ブログへ←押していただけると嬉しいで~す☆

|

« 『JUNO』★★★★★ | トップページ | バランスボールを買いました。 »

コメント

ナラリーノさんもあの会場にいたんですね~(◎´∀`)ノ
あの会場、初めて行ったんですが、椅子のフカフカ感と、
スペースの広さが良かったですよね~。
前説は、何だかほのぼの…( ̄ー+ ̄)

投稿: ぢゅん。 | 2009.04.30 00:36

私も同じ試写会に行ってました!
作品もよかったけど、
イスと前説がよかった。。。(^^)

“規模の大きな火サス”、ホントにそうでした!

投稿: ナラリーノ | 2009.04.29 22:32

試写って…なんだろう…?

投稿: BlogPetのぱんだこ | 2009.04.29 15:05

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『消されたヘッドライン』★★★★☆:

« 『JUNO』★★★★★ | トップページ | バランスボールを買いました。 »