« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009.07.28

『ブーリン家の姉妹』★★★★☆

04_large また久々です。ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの競演で話題だった『ブーリン家の姉妹』です。っていうか、またイギリスモノを選んでみました(笑)。原題は『THE OTHER BOLEYN GIRL』っちゅうんですが、これは姉のセリフなんですねー。

イングランド王に息子が生まれず、地方の貴族たちは自分の家の地位を上げるために画策する中、姉アン(ナタリー)と妹メアリー(スカーレット)の父親は、アンを王の愛人として差し出すことを決める。

アンは頭の回転が速い娘で、メアリーは可愛いだけのちょっとアホな娘だから…という父親の見解から、メアリーは商人の嫁に出すの。その結婚式でアンは“私はブーリン家のもう一人の娘”と呟くんですが、質素な幸せで満足する妹を前に、地位の上がる結婚への野望をさらに強く持つの。

そして、ついに王が鹿狩りのための宿にブーリン邸へやって来る。そこで、アンは王に気に入られるように振る舞うも、王と共に行った鹿狩りでの失敗をキッカケに、王はメアリーのほうへ目をむけ始める。

この際、王の愛人になるのはどっちの娘でもいいや的な姉妹の父親は、メアリーを王の侍女として宮廷へ上がらせ、そのお供としてアンも一緒に行かせるの。

結婚している身であり、最初は仕方なく王に接していたメアリー。でも、“賛辞は別の誰かのもの”“永遠に影の存在”だと、メアリーの深意を突いた言葉を王に言われたことで、すっかり王に心を奪われる。

対して、嫉妬に心を燃やすアンは、王に内緒で(結婚には王の許可が必要だったよう)、許婚のいる公爵の息子と駆け落ち。これがメアリーが両親に話したことでアンはフランスへ追放されてしまうの。

無邪気な言動で姉を怒らせながらも、王の寵愛を受けたメアリーはついに妊娠。家族は大喜び。だけどメアリーは妊娠中に体調を崩し、絶対安静状態となったために王が遠のいていく。2ヶ月ぶりに帰国の命が下ったアンが、そんな王の前に再び現れるの。

フランスですっかり洗練されて、“オトコの転がし方”も学んだアンは王を翻弄。ついに王はアンに骨抜きにされちゃうんだけど――

これ、家や姉妹の問題だけじゃなくて、結局このことによってイギリスはローマから離れてイングランド国教会を設立する原因となった事件でもあり、エリザベス1世へと続く話でもあるわけで。話の展開が激しくて、なかなか難しいところもありつつも、実に興味深い作品でした。

やっぱ、国は違えど“戦国時代”ってのは女はあくまで道具であり、どうにも出来ない運命に踊らされるのね…。

賢い姉と、純粋すぎる妹という対照的な姉妹を演じたナタリーとスカーレットもイイ感じでした。やっぱ口角の上がったナタリーと、ポカン顔のスカーレットは、まさに!という感じなんでしょうか…(笑)。

ブーリン家の姉妹 コレクターズ・エディション ブーリン家の姉妹 コレクターズ・エディション

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ←押していただけると嬉しいで~す☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.07.24

経県値?

人のブログにリンクが貼ってあったのでやってみました。

 

ぢゅんさんの経県値。

 

日本って広いですね。九州・四国なんて、まるで行ってません…。

福岡にラーメン食べに行きたいなぁ。熊本に馬刺し食べに行きたいなぁ。高知に鰹食べに行きたいなぁ。

…と、全部食への欲求ですが、いろいろ希望はあるのです。

でも、その金額出すなら海外行くよね。とかなっちゃうので、国内旅行ももっと安くなるといいよね。あ。車の免許持ってないのが敗因か…_| ̄|○

にほんブログ村 OL日記ブログへ←押していただけると嬉しいで~す☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.23

SHI・GE・KI・TE・KI!!

先日の3連休中、家の近所の商店街を歩いてましたところ、こんな看板を発見!!

 

2009071901070000_2

 

………!!!!!

こういうところに書くんだったら、自信なかったらケータイで調べりゃいいのにねぇ。。。ケータイ屋の看板なんだし。

一瞬、ここは台湾か!?と思っちゃいましたわ。

しかし、夜中にこれを一人で写メってたら、通行人に相当不審がられました…。

ちなみに、この後、これに誰か赤を入れた(訂正した)のかは確かめられず…(ノ∀`)

にほんブログ村 OL日記ブログへ←押していただけると嬉しいで~す☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.22

初体験だったのです。

昨日の明け方、自分が死ぬ夢を見ました。

正確には、死期(たぶん2~3日後)を知らされた自分が、それに向けて、母親にあげるものをまとめたり、自分の身辺整理をしてる夢。

これまで、弟が死ぬ夢は定期的に(!!)見ていて(しかも同じ状況の夢)、その夢を見るたびに大号泣して飛び起きてたんですが、今回のはなぜか、すごーくおだやかな状況で、自分としても“そうなんだぁ”なんつって、妙に納得して片付けをしていたの。

目が覚めた時、そんな状況に不思議な感覚を覚えつつも、初めて自分が死ぬ夢を見たってことに何となく心配な気持ちにもなったので、すぐさまググってみたところ…

 

“人生の転機を迎える”
“結婚”
“諦めかけてた恋が復活する”

 

の文字が躍ってましたよ、奥さん!!

どういうことでしょう(ビフォーアフター風)。

特に自分の死について穏やかな気持ちでいた夢は、前向きな転機の前兆、って意味が強いんだとか。

“死の夢”自体、前向きな意味が込められているというので、弟が死ぬ夢を見た時ってのも深い意味があったのだと思うんだけど、その時は特に気にせず過ごしてしまったので、これからはちょっと気にして生きていこうかしら、なんて思った所存。

にほんブログ村 OL日記ブログへ←押していただけると嬉しいで~す☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.16

期待大。

今年度の大河『天地人』をすっかり惰性で観ている今日この頃、来年度の大河『龍馬伝』の主要キャストがどかーんと発表されまして、期待度がますます増してきました。

 

そもそも、平安~鎌倉(かすって室町)時代あたりの、ウカレた公家文化が好きなあたしとしては、大河がテーマにするような戦国~江戸時代~明治初期あたりはまるで興味がないんですよね~。…って、だったら何で観てるのかナゾですけども(・_・)

ただ、『天地人』のザンネン具合に加えて、“来年の大河は福山!”と来ては、来年度のほうが待ち遠しいモードになってまして、ここへ来てキャスト発表ですよ!

 

いや~あたしの守備範囲内の人(?)ばっかりで嬉しい限りです。

 

ヨメ役の真木よう子も許せる(!?)でしょー、福山を取り巻く広末や貫地谷しほりもまぁオッケーでしょー。

お仲間役の大森南朋やら香川照之もいいし、何より要くん(贔屓)とか佐藤健まで!!ヽ(´▽`)/

ピエール瀧まで出ちゃうのもナゾすぎてステキ!

いや~~楽しみぃ(*≧m≦*)

あ。福山の新譜もステキすぎました。ヘビロテです。

残響(福山☆冬の大感謝祭其の九ライブ3曲収録DVD付) Music 残響(福山☆冬の大感謝祭其の九ライブ3曲収録DVD付)

アーティスト:福山雅治
販売元:ユニバーサルJ
発売日:2009/06/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 OL日記ブログへ←押していただけると嬉しいで~す☆

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009.07.12

『つぐない』★★★★☆

久々のDVDですよっ! 久々すぎて、最近気をつけるようにしてる原題チェックをウッカリ忘れちゃったりもして!

Atonement というワケで、イアン・マキューアンの世界的ベストセラー『贖罪』の映画化作品、キーラ・ナイトレイ主演の『つぐない』です。“世界的ベストセラー”って言っても、あたし読んだことありません…_| ̄|○

原題は、『ATONEMENT』です……どういう意味?と思いましたが、どうやら“まんま”みたいですねー。

1935年のイギリス。姉のセシーリア(キーラ)と妹のブライオニーが両親と暮らす大きな屋敷に、兄が帰ってくる。屋敷には数人の使用人がいて、その息子ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)とは小さな頃から一緒に育ってきたため、兄妹とも仲が良いの。ロビーに対してそっけない態度を取るセシーリアに対し、小説や戯曲を書くことを趣味にしつつロビーへの想いを密かに募らせているブライオニー。

しかしある日、噴水の前でのセシーリアとロビーの様子をブライオニーが“勘違い”したことから、運命の歯車が変わってゆくの。

ロビーがセシーリアに“お詫び”の手紙を書いた時に、悪ノリしてイヤらしい書き方もしつつも当たり障りのないものに書き直していたんだけど、ロビーは誤って悪ノリVerを入れてしまった上に、セシーリアへ届けるのをブライオニーに頼んでしまうの。

“勘違い”の種が芽生えていたブライオニーはそれをソッコー読み、さらに勘違い。そしてその夜、セシーリアとロビーはお互いの気持ちに気付いて結ばれるんだけど、ブライオニーはそんな二人の姿を見てしまって完全に勘違い。そして、その後起きてしまった事件に対して、ブライオニーは勘違いと嫉妬からウソをついてしまう。

成長したブライオニーがその罪に気づき、贖おうとした時は、ロビーは刑務所から戦場へ送り込まれていた――

いや~なんつうか、ホント“罪”なお話でした。時代もあるんだろうけど、性に対しての純粋さと、恋に対しての純粋な気持ちから生まれてしまった罪。それはある種、責めるべきことでもなかったのかもしれないんだけど、戦争というものがブライオニーに赦されるチャンスを与えないの。そこがホントに切ないと言うか、やり場のない怒りと言うか。

時にセシーリアの視点から、時にブライオニーの視点から…と、次々に変わって映し出される展開も面白かったですね。

キーラはしかし、ホントにキレイですねぇ…歯がドラキュラっぽいのはいつも気になりますが(爆)。

つぐない つぐない

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ←押していただけると嬉しいで~す☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »