« 胃カメラのご褒美。 | トップページ | 喜びと悲しみと。 »

2009.09.14

『ハッピーフライト』★★★☆☆

うわーん、全然映画観てないっ。ヒマも時間もなくて…って、正確には時間はあるんだけど、ドラマの録画分を観るのに追われてたりして。てへ。

5cf403f8 てなワケで、久々となる映画はラク~に観られる邦画を選びまして、矢口史靖監督作品、綾瀬はるか主演の『ハッピーフライト』です。

羽田発ホノルル行きの、搭乗前~搭乗中~離陸後…の一連の時間の経過が描かれていくのね。

搭乗機を整備する整備士たち、搭乗者を受け付け&案内するグランドスタッフたち(田畑智子、平岩紙)、機長(時任三郎)と操縦士訓練のフライトとなる副操縦士(田辺誠一)、厳しいことで有名なチーフパーサー(寺島しのぶ)と国際線初フライトとなるCA(綾瀬)、管制官たち、オペレーションセンターのスタッフたち…と、様々なスタッフが1つの便に関わるのね。

ようやく離陸し、地上のスタッフは安堵するも、空では問題が勃発、それを対処する機内スタッフ、管制&オペレーションセンター。果たして、ホノルル便はどうなるのか!?といったところなんですが――

いろいろな人が出てきて、それぞれの細かい“職業病”的なところも描かれているせいか、全体的に散漫な感じになっちゃってるところは否めなかったのよねー。

特に、“綾瀬はるか主演”目線で観ているせいか、綾瀬自身が意外にもパッとせず(話の中で、ってとこだけど)、どっちかと言うと田辺誠一演じる副操縦士がどう成長するか、のほうがちゃんと描かれていたりして。

鳥がエンジンに巻き込まれるのを防ぐために“バードパトロール”なる仕事もあるのか…とか、いろいろ感心したところはあったけど、全体的にはANA及び航空業界のお仕事紹介的な印象になっちゃってね。矢口監督作品だっただけに、ややガッカリですー。

同じ『ハッピーフライト』なら、こっちのほうが面白くて好きかも。

ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD] DVD ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]

販売元:東宝
発売日:2009/05/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ←押していただけると嬉しいで~す☆

|

« 胃カメラのご褒美。 | トップページ | 喜びと悲しみと。 »

コメント

ヒマってなに?

投稿: BlogPetのぱんだこ | 2009.09.14 14:09

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ハッピーフライト』★★★☆☆:

» 映画「ハッピーフライト」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
いきなり「ユナイテッド93」を思わせる地上への激突シーン、シュミレータだったから良かったけど~ドキドキの緊張感が十分に伝わるし、可愛さもある映画~ オールニッポンエアウェイ1980便B747-400は無事に飛び立ったけど、目的地のホノルルに到達することはできない、... [続きを読む]

受信: 2009.09.15 00:21

« 胃カメラのご褒美。 | トップページ | 喜びと悲しみと。 »