« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010.04.18

『アリス・イン・ワンダーランド』★★★★☆

Aliceinwonderland 初日に気合で観に行ってきましたよ、『アリス・イン・ワンダーランド』!! 言わずもがなのティム・バートン監督作品、原題は『ALiCE IN WONDERLAND』と、そのままです(笑)。

その日は昼すぎから仕事が入っていたんですが、どうしても観たいし、混むのが収まってから…とか思ってもずっと混んでるだろうな~とか思ってるうちに、急に行っちゃうことに!
だがしかし、仕事に行く前にTOHO六本木の座席を見てみると、見事なまでのソールドアウト! 20時前の回に、最後列に1つだけ残席発見…即予約しました!

てなわけで、カップルに囲まれながら観るアラフォー女子ひとり……(寂)。

6歳のアリスが悪夢を見て父親に慰めてもらうところから物語は始まります。あまりに突飛な夢に、自分はアタマがオカシイのかと悩むアリス…“優れた人は、みんなアタマがヘンだよ”と諭す父親。

時は13年後。父親は亡くなり、貴族社会の窮屈さにうんざりしている19歳のアリス。そしてパーティーの席で、アリスは急にプロポーズされることに。相手に対して、結婚に対して不満を持つアリスの目に入ったのは、洋服を着た白ウサギ。その場から逃げるようにウサギを追い始めたアリスは、樹の幹の根元にある大きな穴に落ちてゆく……

…とまぁ、冒頭はいわゆる“アリス”の物語。違うのは、アリスが19歳だってことだけ。でも、ワンダーランドに紛れ込んだアリスが目にするものや考えることは、それまでの物語とは違う、より現実的な面もあったりして。

大人になるにつれて忘れちゃう、コドモの時のココロ。それを思い出しながらも、そのままじゃいられないことも受け入れながら進んでいくアリスは、世の中のオトナの“こうありたい”っていう希望の姿なのかも。

3Dは初体験だったんですが、“別に3Dじゃなくてもよくね!?”って思えるぐらいの3Dぶりだったなぁ。3Dより2Dのほうが色彩的にはキレイらしいので、DVDになった時には普通に2Dで観てみたいと思います。
でも、3D上映に最適な環境だというIMAXシアターに観に行った知り合いは、ハンパなくスゴかった…と言ってたので、それはそれで観てみたいかも…。

今回は、物語的には普通だし、ティム的トンチとか毒っぽさも弱めだったので、ちょっと物足りなさもぶっちゃけ感じたんですが、あと何回かは観てみたいかなーと思える可愛らしさでした。
特に、ロリ的目線(爆)としては、アリス役のミアちゃんと、白の女王役のアン・ハサウェイには萌え死にしましたー。

にほんブログ村 映画ブログへ←押していただけると嬉しいで~す☆

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2010.04.10

愚弟が結婚しました。

2つ下の愚弟が、先月、結婚式を挙げましたー。

もうね、戸籍上では去年のうちに夫婦になっていたんですけども。

式・披露宴は都内のホテルで行なったんですが、姉であるワタクシ、なぜか人さまのちゃんとした式やら披露宴やらにあんまり参列したことがなく、こういうオーソドックスな形式は初めてだったぐらいの勢いでした…(笑)。

弟の友達関係の尽力(?)で、披露宴はかなーり笑いの絶えないものになりましたが、式ではウチのオヤジがちょい泣きだったそうで、母親ともどもびっくらでした。
…とか言って、あたしもなぜか最初の讃美歌(神式ですた)で一瞬ウルウルきちゃって、はなわが弟の結婚式で号泣した…って逸話を思い出したのでした(笑)。

そんなこんなで、ちゃんとした(?)披露宴。お料理も美味しゅうございました。

Dscf0627

秋にはおいら、名実ともに(?)おばちゃんになるらしいです…とほほー。

にほんブログ村 OL日記ブログへ←押していただけると嬉しいで~す☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »